アクネスラボ炭酸ガスジェルパックは、どうやって使うの?

大人ニキビ対策で有名なアクネスラボですが、
なんと炭酸パックもラインで販売しているとか。

 

ということで、早速アクネラボシリーズの炭酸ガスジェルパックを購入して試してみました。
まずは、色々ある炭酸パックですが使い方について
リアルな口コミをご紹介します。

 

2016年現在、アクネスラボ炭酸ガスジェルパックは販売が終了したようです。

準備するもの&こと

まずは、他の炭酸パックと同じようにお化粧を落として清潔な状態の乾いたお肌を準備します。
プラス、顔周りに髪の毛が垂れてこないようにしっかりと留めます。ここまでは通常のパックと同じですよね。

 

ここまで準備ができたら、いよいよ顔に乗せる炭酸ガスパックを作ります。

 

準備するものは、

 

  • 付属のスパチュラ
  • ジェル1袋
  • 顆粒1袋

 

この3つだけ。

 

 

アクネスラボの炭酸ガスジェルパックはジェルの袋の中で混ぜて作れるので、
容器などを準備したり片付ける必要がないのが楽チン♪

 

さらに、パック中にシートで顔を覆う必要がないみたいなので面倒なことが苦手な人にはぴったり。

 

それでは、ジェルを作りましょう。

アクネスラボ炭酸ガスパックの作り方

まず、ジェルの袋を切り取り線にそって開きます。
雑に切ってしまうと袋が短くなってジェルがこぼれたり後で混ぜにくくなったりするので、
出来ればココだけは丁寧にはさみを使うことをオススメします。

 

中のジェルは定番のマンゴー色です。

 

ジェル自体は他のものに比べるとしっかりめのテクスチャーです。
ジェルからは昔なつかしいソーダの香りがします(笑)

 

 

次に、ジェルの袋の中に顆粒を入れて行きます。

 

顆粒は白色の無臭でした。

 

さてさて、顆粒をジェルの袋にいれたら付属のスパチュラで混ぜていきます。

 

ジェルが一般的なものよりも堅めなので少し混ぜにくいけど、
1分もしないうちにジェルと顆粒は混ざるので大丈夫。
ジェルが半透明になったら炭酸ガスパックの出来上がりです。

 

 

アクネスラボ炭酸ガスパック 使い方

炭酸ガスジェルパックができあがったら肌に乗せていきます。

 

箱の説明書きには、
少し厚め(1mm程度)にと書いてあったので厚めに塗り広げました。

 

ジェルの量が丁度いいし、スパチュラが思いのほか
伸ばす作業がしやすくて便利でしたよ。

 

肌に乗せるときは大粒の梅干しぐらいの量をスパチュラにすくい取って、
肌の上で伸ばしていくほうが均等に広げられるのと、
袋からすくい取る回数が少なくて済むので楽でした。

 

あと、試したのが夏日の夜だったのでジェルを冷やしておいて、
お風呂上りの肌に乗せたらかなり気持ちよかったです♪

 

 

ちょっと・・・と思った点は、
ジェルの袋に対してスパチュラが短いのか、
すくい取るときに袋の奥まで手を入れる必要があって、
手にジェルが付いてしまう点。

 

ジェルの袋が横幅があって深さがあまりない方がいいのかも。

 

こんな感じで顔全体に塗り広げて20〜30分間置いたら洗い流します。

 

洗い流すときは、
まずスパチュラでジェルを取り除いてからジェルが顔に残らないように洗い流します。

 

硬めのジェルなのでスパチュラでがっしりといきたくなりますが、
お肌をいためてしまう心配があるのでやさしーく取り除いてあげてくださいね。

 

 

あと、洗い流すときはぬるま湯がちょうどよいです。
冷たいお水だとジェルが硬くて落ちにくかったので。

 

しっかりジェルを洗い流したら、いつもどおりスキンケアして完了です。

 

 

ジェルと顆粒の袋は使い終わったら捨てますが、
スパチュラだけは1箱に1本しか入っていないので終わったら洗って保管しておいてくださいね。

 

全体の工程はとってもシンプルで使いやすかったです。

アクネスラボ炭酸ガスパック 効果などの口コミ

 

アクネスラボ炭酸ガスジェルパックは、他の炭酸パック商品に比べると“パチパチ”と炭酸がはじける刺激はないです。
ニキビケア用の炭酸パックだから、低刺激を求める方にはちょうどよいですよね。

 

フェヴリナの炭酸ジェルパックとかみたいに、パック後に「すごく肌が変わった!」という感じはないものの、なんとなくお肌のトーンが上がるし、お肌がふっくらして毛穴が目立ちにくくなります。

 

 

やっぱりニキビケアラインの炭酸パックなだけあります。
それに、翌朝の肌はもっちりしていて化粧のりがよかった♪

 

弱っているお肌に低刺激で回復を求めるならアクネスラボの炭酸ガスパックはいいかもです♪